スポンサードリンク

脂肪吸引の人気 手術失敗の怖さ

脂肪吸引が人気ですが、脂肪吸引の失敗はこわいものです。

脂肪吸引では、失敗せずに、脂肪を吸引すると、リバウンドしない
ことが魅力のダイエットの1種です。

脂肪吸引は美容整形外科の技術の進歩もあり、顔、二重アゴ、
お腹、太もも、二の腕、ふくらはぎ、膝まわり、お尻、下腹部、
ウエスト、頬と身体のあらゆるところの脂肪吸引が可能になり、
多くの美容外科で、失敗することなく脂肪吸引を受ける女性が
増えました。

脂肪は吸引ダイエットと違いリバウンドがないのも人気の理由
で、ダイエットがうまくいかなかず、失敗した人でも、スリムな
ボディを手に入れることが出来る美容手術です。

ダイエットではとれない頑固な脂肪も脂肪吸引手術をすれば、
簡単にスリムなスタイルを手に入れることができるのです。

しかし脂肪吸引がどういった手術かを事前に知っておきましょう。

脂肪吸引手術後の結果、脂肪吸引痕が凸凹になってしまった、
体重が減らない、傷が残る、左右非対称、たるみができる、
死亡事故も皆無ではなく、確かに失敗例もあります。

現在では、よっぽどのミスが無い限り、脂肪吸引で失敗する
ことはなくなったようですが、それでも、失敗談を聞いたりします。

脂肪吸引の情報をしっかり吸収してから外科手術しても遅く
ないので、脂肪吸引の失敗が怖いなら、きちんと脂肪吸引の
知識を身につけて、美容外科を選びましょう。

ちなみに、脂肪吸引では、体重は減りません。
「脂肪吸引したのに体重が減らない」のを失敗と思う人がいます。
しかし、脂肪吸引は、もともと体重は減らない手術なのです。

脂肪は、筋肉などと違って、重さがほとんどありません。
なので、脂肪吸引で脂肪をとっても、体重はあまり変わらな
いのです。

それを、脂肪吸引の手術が失敗したから体重が減らない、と
勘違いしないようにしましょう。

このように、知識がないと、失敗じゃないのに失敗と勘違い
してしまうこともあります。
正しい知識は重要ですね。

要するに、ダイエットで失敗して、脂肪吸引を受けようと思って
いる人は、体重は変わらないということを理解しておきましょう。
脂肪吸引の手術は、体重を減らす手術ではなく、スリムなボディ
を手に入れる手術です。

脂肪吸引の失敗 顔の脂肪吸引失敗は怖い

脂肪吸引失敗はこわいですが、安全なクリニックでは、まず、
脂肪吸引が失敗することはありません。

脂肪吸引は美容整形外科の技術の進歩もあり、顔、二重アゴ、
お腹、太もも、二の腕、ふくらはぎ、膝まわり、お尻、下腹部、
ウエスト、頬と身体のあらゆるところの脂肪吸引が可能になって
きました。

脂肪吸引はダイエットと違いリバウンドがないのも人気の理由
の1つでしょう。

ダイエットではとれない頑固な脂肪も脂肪吸引手術をすれば、
簡単にスリムなスタイルを手に入れることができるのです。

しかし、脂肪吸引がどういった手術か知っておく必要があります。

脂肪吸引手術後の結果、脂肪吸引痕が凸凹になってしまった、
体重が減らない、傷が残る、左右非対称、たるみができる、
死亡事故も全くなかったわけではありません。

脂肪吸引の情報をしっかり吸収してから外科手術しても遅く
ないので、脂肪吸引の失敗や事故はなぜ起こったのか、原因や
安全性を自分の目で確かめましょう。

脂肪吸引を無料モニターを募集している美容整形外科もあります。
モニターは、無料でなく、写真などを条件に格安になるものも
あります。

まずはネットやブログで脂肪吸引情報を手に入れ、脂肪吸引が
失敗しない安全な手術だと認識した上で、手術を受けたほうが
いいと思います。

脂肪吸引の基礎情報、手術の方法、種類、体験談、失敗のケース、
症例、写真、画像、トラブル、術後の経過・結果、気になる価格、
保険適用、口コミ情報・・・脂肪吸引についての情報はたくさん
あります。

自分が脂肪吸引したい部分、例えば、顔、頬、まぶた、太もも、
おなかなどの口コミを見るのもいいと思います。過去にまぶたの
脂肪吸引をした人の口コミや失敗した人の口コミを見るのも
いい勉強になります。

脂肪吸引の失敗はなぜ起こる?失敗の原因は?

脂肪吸引失敗の中に、、「見た目に変化がなかった」、
「出来上がりがデコボコになってしまった」というケースが
よくあります。

どうしても痩せないと悩んで、腹部や脚などの脂肪吸引を受けて
みようかと決心したのに、このような脂肪吸引の失敗談を聞くと
不安に感じてしまいます。

脂肪吸引手術では、どうしてこのような失敗やトラブルが
起きるのでしょうか?


例えば腹部でいうと、腹筋と皮の間に蓄積している、皮下脂肪
の細胞のサイズが大きくなったり小さくなったりすることで、
お腹が太ったり痩せたりするのですが、本来は、運動をして、
脂肪細胞のサイズを小さくすることが一番良いのです。

しかし、短期間で局部的に痩せたい人、ダイエットしてもすぐ
リバウンドしてしまう人など、自力では無理な場合も多々あり
ますので、そんな場合の痩身法として、医療用の管で脂肪細胞
を吸い取る、脂肪吸引が適していると言えます。

脂肪吸引の失敗談で多い、「あまり取れていない」と感じて
しまうのは、希望された量の脂肪を取りきれていないか、
または、医師の提示している内容と、自分の理想像との間に
ギャップがあることが原因だと考えられます。

専門医の場合だと、長年の経験でその人の体に合った、理想的
なボディラインを想定した上で、カウンセリング時に取れる
脂肪の量などを説明してくれますので、術後に「こんなはず
じゃなかった」というような失敗にはならないはずなのです。

もしどうしても脂肪吸引の失敗が不安なら、どの箇所の脂肪を
どれくらいの量を取るのか、手術前から自分で把握しておく
ことも大切です。

さらに脂肪吸引の手術後、吸引した脂肪そのものを見せて
もらったり、術前と術後の写真を見比べたりして、術後の
変化を自分の目で、ちゃんと確認するようにしましょう。

また、仕上がりがデコボコになるというのは、丁寧かつ均等に
脂肪を取り除く手術が行われなかった証拠になります。

美容クリニック側の技術的な問題だと考えられますので、
手術を受けられる医院を慎重に選べば、必ずなめらかで
美しい体のラインが描けるようになると思います。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。