スポンサードリンク

脂肪吸引を失敗しないためのアフターケア

脂肪吸引の効果を最大限に出すためにも、術後に気をつける
ことがあります。
手術は成功したのに、アフターケアが悪くて、失敗になっては
脂肪吸引の意味がありません。

■手術後のアフターケア
脂肪吸引後、2〜3週間で固さはとれ、結果が出るまでおよそ1ヶ月
程度かかります。術後1ヶ月程度、患部をガードルやサポーター
等で軽く圧迫する必要もあります。

通院については、術後2、3日目と6、7日目くらいにそれぞれ
消毒と抜糸に通うことになります。
(超音波やメスで切らない脂肪吸引は別)

術後は念の為、化膿止めと痛み止めの内服薬を処方してもらい
ます。しかし、痛みがひどいときはすぐにクリニックへ行き、
医師に相談しましょう。

脂肪吸引による傷口はあまり目立ちませんが、人によっては
内出血が1〜2週間生じることもあるようです。

手術後から3日間は、アイスパック等で患部を冷やすと、腫れが
早くおさまります。

入浴は、顔・洗髪・シャワーは手術の翌日より可能です。
体を温めると内出血の恐れがありますので、湯船につかっての
入浴は4日間ほど控えましょう。

メイクは、傷口以外は手術直後より可能です。

食事制限はありませんが、飲酒は腫れが引くまで控えましょう。

成功した脂肪吸引を失敗にしてしまわないように、アフターケア
は手を抜かないようにしましょう。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。