スポンサードリンク

メスを使わない脂肪吸引 メソセラピー(脂肪溶解注射)

脂肪吸引の中には、メスを使わない方法もあります。

切らない脂肪吸引としてあげられるメソセラピー(脂肪溶解注射)
は、脂肪吸引、除去したい部位にメソセラピー専用器具メソガン
などで薬液を注入することによって、脂肪除去、セルライトの
分解をすることができるメスを使わない脂肪吸引方法になります。

メソセラピー(脂肪溶解注射)がメスを使わない脂肪吸引と
言われているのは、使用する針の細さと施術の簡単さのため
でしょう。

メソセラピー(脂肪溶解注射)で使用する針はとても細い針を
使用し、薬液を注入するだけなので傷跡もほとんど残らず、
身体の負担も少ないといえます。

施術時間も短く、すぐにメイクすることもできますし入浴も
可能です。(普通は患部を温めることはしばらく禁止)

一般の脂肪吸引と違い麻酔を使用することもありませんし、
リスクが少ない脂肪吸引(脂肪除去)方法です。
脂肪吸引自体、安全性は高い手術ですので、それよりも安全で
失敗が少ない方法と言えます。

脂肪溶解注射を二重あご、お腹、ふくらはぎ、太もも、二の腕、
お尻など気になる部位に注射することにより部分痩せも可能です。

ダイエットとは違い胸から痩せてしまったというようなことが
ありませんし、リバウンドもありません。
メソセラピー(脂肪溶解注射)で注入する薬剤は脂肪を溶解する
だけでなく、新陳代謝も活発になり脂肪除去だけでなくしわや
たるみ解消などアンチエイジング効果も同時に得られます。

メソセラピー(脂肪溶解注射)後は見た目に身体の変化は
現れますが体重はほとんど変わりません。これは一般の脂肪吸引
も同じですが、脂肪そのものはとても軽いため、スリムには
なりますが、体重はあまり減らないのです。

効果には個人差があり、個人個人の脂肪の厚さによっても変わり
ます。すぐに効果がでるという人もいますが、一般的に数回施術
した後に効果が現れるようです。

メソセラピー(脂肪溶解注射)はメスを使わない脂肪吸引法と
言われ、安全性も高く、費用が安いということで、現在人気の
脂肪除去・セルライト分解法ですが、あえてデメリットを挙げる
ならば、数回施術しなければ効果がでないということとアレルギー
や持病によって注射を受けることができない人もいるということ
でしょうか?

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。