スポンサードリンク

脂肪吸引の失敗はなぜ起こる?失敗の原因は?

脂肪吸引失敗の中に、、「見た目に変化がなかった」、
「出来上がりがデコボコになってしまった」というケースが
よくあります。

どうしても痩せないと悩んで、腹部や脚などの脂肪吸引を受けて
みようかと決心したのに、このような脂肪吸引の失敗談を聞くと
不安に感じてしまいます。

脂肪吸引手術では、どうしてこのような失敗やトラブルが
起きるのでしょうか?


例えば腹部でいうと、腹筋と皮の間に蓄積している、皮下脂肪
の細胞のサイズが大きくなったり小さくなったりすることで、
お腹が太ったり痩せたりするのですが、本来は、運動をして、
脂肪細胞のサイズを小さくすることが一番良いのです。

しかし、短期間で局部的に痩せたい人、ダイエットしてもすぐ
リバウンドしてしまう人など、自力では無理な場合も多々あり
ますので、そんな場合の痩身法として、医療用の管で脂肪細胞
を吸い取る、脂肪吸引が適していると言えます。

脂肪吸引の失敗談で多い、「あまり取れていない」と感じて
しまうのは、希望された量の脂肪を取りきれていないか、
または、医師の提示している内容と、自分の理想像との間に
ギャップがあることが原因だと考えられます。

専門医の場合だと、長年の経験でその人の体に合った、理想的
なボディラインを想定した上で、カウンセリング時に取れる
脂肪の量などを説明してくれますので、術後に「こんなはず
じゃなかった」というような失敗にはならないはずなのです。

もしどうしても脂肪吸引の失敗が不安なら、どの箇所の脂肪を
どれくらいの量を取るのか、手術前から自分で把握しておく
ことも大切です。

さらに脂肪吸引の手術後、吸引した脂肪そのものを見せて
もらったり、術前と術後の写真を見比べたりして、術後の
変化を自分の目で、ちゃんと確認するようにしましょう。

また、仕上がりがデコボコになるというのは、丁寧かつ均等に
脂肪を取り除く手術が行われなかった証拠になります。

美容クリニック側の技術的な問題だと考えられますので、
手術を受けられる医院を慎重に選べば、必ずなめらかで
美しい体のラインが描けるようになると思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39415088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。