スポンサードリンク

脂肪吸引で失敗しない 脂肪吸引は安全か?

脂肪吸引を受ける人にとって心配なのが、手術の失敗がないか?
脂肪吸引は確実で安全か?ということだと思います。

自分の気になる部位を、より早く痩せるために、一番効果的な
方法である「脂肪吸引」は、原則的には安全で確実な手術だと
いえます。

しかし、実際に脂肪吸引の失敗・事故・トラブルが起こったという
ケースもあります。

これは、医師の技術が未熟だと、脂肪は取れないだけでなく、
人体に危険を及ぼす危険性もあるためです。例えば、技術が
未熟という理由で、7、8年前に脂肪吸引でお腹がくっついて
しまったという、失敗のケースもあるようです。

また、最近では、危険を恐れて少量の脂肪しか吸引せず、
逆にトラブルになるケースもあるそうです。

安全で確実に脂肪吸引を受けたいのであれば、その医師が、
どれくらいの技術を持っているかを判断することが必要です。

脂肪吸引を失敗しないために、医師の技術を見極めるポイント
は、カウンセリング時に、術後どのようになるのかを、
しっかりと説明をしてくれて、また、経験のある医師であるか、
を確認することです。

脂肪吸引の実績がある医師ならば、だいたい何リットルくらい
の脂肪が取れるのか分かりますので、事前に教えてくれますし、
質問等にも、丁寧に説明をしてくれます。

失敗しない手術を受けるなら、だいたい手術後にどんな感じに
なって、その後はどうなるのかを納得できなければ、絶対に
脂肪吸引手術を受けないという意識も大切です。

流されるままに脂肪吸引するのだけはやめましょう。

脂肪吸引で失敗しないために 妥協しない

脂肪吸引は、受けたい人も多いかと思いますが、手術の失敗
怖い人も多いはずです。

実際、「脂肪吸引したが効果が無かった」「脂肪が一部分しか
取れていない」「でこぼこしている」「手術の傷跡が目立つ」
等、脂肪吸引を受けた人の体験談を聞くことがあります。

残念なことに、クリニック選びで失敗してしまうと以上のような
失敗談になってしまいます。

せっかく痩せようとしたのに、満足のいく結果が得られないのは
非常に残念です。

安いとはいえない料金を払って、脂肪吸引するのですから、失敗
しないために出来ることは全てやっておきましょう。

いわゆる口コミなどで評判がいいクリニックでは、脂肪吸引施術
で、カウンセリングの時点で状態を診察し、どこからどれだけの
脂肪を吸引するかしっかり診断します。

もちろん患者の希望を優先し、そこに吸引するだけの脂肪が
あるかどうか、適切な吸引量かどうか等、カウンセリングで
納得のいくまで説明してくれます。

脂肪吸引の手術はカニューレという細い特殊な管を使用して
丁寧に吸引していきますので基本的に脂肪吸引の失敗はなく、
安全な手術です。

「もし手術が失敗したら…」と、脂肪吸引で不安な方は、
クリニック選びの前に、情報収集も必要です。

必要なら、脂肪吸引クリニックへ連絡するのもいいかも
しれません。

脂肪吸引を失敗しないために 脂肪吸引の安全性

脂肪吸引を含め、どんな手術でも安全でなければ無意味です。
手術とは、失敗の不安が常に付きまとうもの。
脂肪吸引を安全に受けるためのポイントはなんでしょうか?

(1) 手術前の体調  
(2) 適切な麻酔  
(3) 手術を丁寧に行う
(4) 手術中の適切な輸液 
(5) 手術後の正しい管理 
などが主にあげられます。

@手術前の体調
脂肪吸引は、吸引する範囲や量によって体への負担が大きく
違ってきます。範囲が狭く吸引する量も少ない場合、多少
体調が悪くても手術はできますが、基本的には体調を整えて
手術することが大切です。

A適切な麻酔
麻酔は脂肪吸引する場所や範囲によって様々です。
また、クリニックによっても違います。

例えば、
局所麻酔:範囲が比較的狭い脂肪吸引
硬膜外麻酔:下半身(腹部より下)の脂肪吸引
全身麻酔:どの部位の脂肪吸引にも可能
などがあります。

脂肪吸引の部位と範囲また眠っている状態(全身麻酔)を
希望する等の条件によって適切な麻酔を選び安全性を高め
ますが、これは患者にはどうしようもありません。

医師選び(クリニック選び)にかかっているということになります。

B手術を丁寧に行う
手術が丁寧に行われるのは当然のことですが、知識がある上の
丁寧さでなければダメです。例えば、腹部の脂肪吸引は通常では
あまり難しい手術ではないのですが、以前に、開腹の手術
(子宮や卵巣、胃腸の手術)を受けている人では傷のところの
筋肉が薄くなっていたり、癒着がおこっていることがあり、
いつも通りの脂肪吸引をしていたのではリスクが高まります。

このような場合、医師の知識や慎重さ、技術が重要になります。
これも患者にはどうしようもないことなので、クリニック選びの
段階で慎重になるしかありません。

脂肪吸引の口コミ情報を参考にするのもいいと思います。

C手術中の適切な輸液
脂肪吸引の手術中は物を食べたり飲んだりできないので、
主に点滴によって水分を補給します。その量は過不足なく、
適量が必要になりますので、麻酔医や術者の知識と経験に
よって決められます。

D手術後の正しい管理
脂肪吸引直後の数時間は、横になって休む必要があります。
この時に、同じ姿勢でいると、まれに肺塞栓(飛行機に
乗っていて起こるいわゆるエコノミー症候群)が発生する
ことがあるようです。

これを予防するために適正な輸液や、足の屈伸運動を促すことも
必要だそうです。

以上のような安全対策が確実にされていれば脂肪吸引は全く
心配のない、結果の期待できる良い手術になります。

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。